top of page

なべさんの映画大好き「怪物」

なべさん:学生時代から映画が大好きで年間100本ほど観ていた時も。映画に育ててもらいました。


是枝監督の「怪物」、、、、、、、映画自体が「怪物」でした。

ストーリーに翻弄され、見終えた時のずっしりと重い感覚、すごかったです。


シングルマザーの母が、子どもが体罰を受けていると訴えるところから話しは展開していく。

視点が変わるたびに、何が本当なのか、どれも本当なのか、事実はどこにあり、救いはどこに求めたらいいのか。


現代社会の闇が絡み合い、皆が翻弄され苦しい思いをする。


その中で、子どもたちはどう成長していくのだろうか。


自分自身も親として、今の社会で子どもたちにどんな風に育って欲しいのか、力を身につけて欲しいのか、本人たちはどう感じているのか、日々悩んでいる。


今までの既成概念、しがらみに嫌気が差している。


本質を見れば見るほど、辛くなってくる現代を何とか変えたいと、、、、、、、


是非、色んな方に見て欲しい、考えて欲しいと願う作品ではあるが、思春期の子どもたちが観たらどう感じるのだろう、ちょっと怖い感じがする作品。


最新記事

すべて表示

なべさんのこっそり格言好きvol.2

「愛の反対は、憎しみではなく、無関心です」 マザーテレサ氏 この言葉には衝撃を受けました。 無関心にされることが辛い、、、、、、これからの高齢社会で、孤立してしまう人を出さないように。 誰にも関心を持たれない、誰にも気づかれない、 そんな状況にならないように、地域で皆を繋げたい。 関わりを拒否される方もいます。 一人の時間を大切にする人もいます。 でも、孤独と孤立は違う。 一人暮らしのお年寄り、高

なべさんのこっそり格言好き vol.1

「必要なのは、最新の技術ではなく、最適な技術だ」 これは宇宙船開発のベンチャー企業の社長さんが言っていたことです。 最新技術という言葉に惹かれてがちですが、それが本当に必要なのか? 少し前のものでも、その状況に最適なものが必要なはずです。 介護も同じで、色んなケアの技術ができたりしています。 でも、その新しい技術を中途半端に導入すると、ご利用者に危険を及ぼします。 一概に、新しいものがいいわけでは

Comments


bottom of page