top of page

なべさんの願いを一つずつ


なべさんの願いは「誰もが安心して歳を重ねていける地域を」(⋈◍>◡<◍)。✧♡


地元の荒川区とこっそり働いている北区(荒川区のすぐ近くのエリア)を中心に活動をしています。

地域によって、課題が違うことをすごく感じています。


荒川区は23区で2番目に小さいこともあり、下町の繋がりが残っており、地域の活動が盛んです。

ちょっと自治体としては、それに頼ってしまっている気がしますが、、、、、、、、


北区の私が関わっているエリアには団地が多数あり、そこの高齢化が一番の課題かと思っています。


都営住宅が少なく、一戸建てや小さなアパートが多い。


核家族となり一戸建てでの高齢者世帯が多い気がします。

子どもが巣立っていき、部屋を持て余しているような状況を感じがします。


個々の人を繋げていくことが大切になってくる。


「向こう三軒両隣」「井戸端会議」「隣近所でお醤油の貸し借り」などを復活できたら♪


今までは「下町花フェス」「おから活用グランプリ」「ソラのマルシェ」の実行委員をやってきました。

介護の関係だけで集まるのではなく、外に出ていくのが必要だと考えていたので。

お店を中心とした活動に参画してきました。


ちょっと今はそちらからは離れて、地域の社会活動や地域づくりに目を向けて参画しています。

「下町荒川おひさま根っこワークプロジェクト」(通称 おひ根っこ)を昨年から子育て支援などを行っている仲間と一緒に!!!


昨年は200名ほどが参加してくれました。

今年は1000人以上が参加してくれています。


在来種の大豆を地域で育てて、味噌づくりなどを行って地域で繋がっていくプロジェクトです。

荒川区と区社協の後援も受けて実施をしています。


理想は、エリアごとに共用の畑を用意して、そこで地域の人たちで育てていく。

一緒に育てながら、地域の人たちの繋がりをつくっていく。


荒川区には、このやり方が適しているのかなぁと思っています。

また、一緒に行なっている仲間がすごい活動的なので、ありがたい。

最新記事

すべて表示

これが大切♡

今、地域支援をしていると、高齢者世帯、一人暮らし高齢者が多数。 これからも、増えるのは分かっている。 高齢者だけだと、引越しもなかなかできない(貸してくれない)。 旅立たれたあと、どうするのか? 誰がするのか? そこが課題。 後見人制度はあるが、費用が掛かるので進まない💦

公的介護保険

皆さん、介護保険料をいくら払っているか、わかりますか? 給料から、年金からは自動的に引かれています。 介護保険料、4000円~9000円台とどんどん増えています。 ※自治体によって違います。 残念ながら、財政はどんどん逼迫しています。 物価が高騰し(今までがデフレが続いた反動にも見えますが)、人件費も上がっている状況。 介護保険の財政は上げることができず。 当然、介護サービスを減らすか、制限するし

セミナーをやりますよ~

公的介護保険だけでは、介護を支えられることができないのは明らかです。 それは、介護保険財政が厳しく、人手不足を解消できるような対策が打てないから。 人手不足により、介護サービスが不足します。 「これからの介護業界~介護保険では介護を支えきれない~」と題して! 日時:5月24日(金)19時~20時半 ※21時より懇親会あり(希望者) 場所:北とぴあ9階 901会議室 東京都北区王子1-11-1 参加

Comments


bottom of page