top of page

コラム「義母のベルさん」vol.1

※親族に許可を得て、実際の状況を基に書いていきます。


一昨年の初夏だったかなぁ~、義母の様子が最近おかしいんだと、義父より話しがあり。


会いに行くと、認知症と思われる状況が、話しがつじつまが合わない。

いつも笑い飛ばすようなベルさんでしたが、顔が難しい顔に。

(義母のベルさん、元々お笑い芸人になりたいとも思っていた愉快な方。

 義父の仕事を手伝いながら、子ども4人を育てて、祖父の介護、曾祖母(100歳、義父が地方の特養から引き取っ 

 てきた)の介護をしてきた働き者。

 とはいえ、私が出会ったときには子育て、介護は終わっており、毎日、パチンコに行き、タバコをふかし、ビール 

 を飲んでいるが哲学的な話しをするなかなかな人物(笑))


妻と一緒に地域包括支援センターに連絡を入れて、相談に行く。

まずは介護認定調査をしていくこと。

訪問をしてもらうことなどを確認する。

 ※まずは、ここです。高齢者のことで相談は地域包括支援センター、介護が必要になりそうなら、介護認定調査を。



義父と二人暮らしなので、連絡をしながら介護サービスなどを検討しながら対応をしていくようにする。


そんな中、義父が家の中の間取りをいじり始める。

義父と義母の二人暮らしで、2階に住んでいたが、2階に息子家族を住ませて、自分たちは1階に住むと。

(義父は元々、自分で事業を起こしてきた活動的な人、聴いたときにはすでに自分で内装工事などを行っている)


一階で二人が生活を始めると、一気に認知症が進行する。

物を出したりしまったり、話しはほぼ通じない。

まさに、リロケーションダメージ(涙)

 ※リロケーションダメージは、記事として説明しています。是非、見てください。


うむ、、、、、どうするかぁ~~~(つづく)

最新記事

すべて表示

聴覚障がいのある方への支援

聴覚障がいのある方、思っているより多いんだなぁと、最近実感しています。 聴覚障がいのある方、一見わからない。 声をかけても気づかないので、無視されているようにも感じる。 どう関わっていいのか、わからない。 最近、聴覚障がいのある方がドラマなどにもなり、手話が注目されるようになりましたが。 関心をもつ入り口としてはいいんですが、現実は大変さもいろいろです。 ※介護もそうですが、ドラマなどになるとキレ

Comments


bottom of page