top of page

コラム「義母のベルさん」vol.6

※親族の許可を得て、実際の状況を基に書いていきます。


グループホームに入所した頃、コロナウィルスが流行していた時でした。

 ※コロナウィルスが流行して半年くらいの頃だったかと。

  皆がまだまだ不安でいました。


グループホームに入所してから、介護の職員さんは丁寧に対応をしてくれ、少しずつ落ち着いてきていました。

 ※きっと大変だったと思います。動き回り、介護に拒否をする方なので。

  そこで丁寧に関わっていかないと、きっとより混乱して、対応が難しくなるので。


一ヶ月くらいして、そのグループホームからコロナウィルスのクラスターが発生したとの連絡がありました。

最初の検査では陰性でしたが、数日後に発熱が出て、陽性に,,,,,,,,,,,,,,,,,,


この頃は、陽性者は隔離対応となっていました。

また、高齢者で認知症があり、なかなか受け入れてくれる病院がありませんでした。

結果、一時間ほど掛かる場所の病院に入院となりました。


認知症があり、動ける方、拒否もある方の為、治療のために拘束をされていました。

 ※これはやむを得ないことではあります。ただ想像通りの状況になりました(涙)


つづく

最新記事

すべて表示

聴覚障がいのある方への支援

聴覚障がいのある方、思っているより多いんだなぁと、最近実感しています。 聴覚障がいのある方、一見わからない。 声をかけても気づかないので、無視されているようにも感じる。 どう関わっていいのか、わからない。 最近、聴覚障がいのある方がドラマなどにもなり、手話が注目されるようになりましたが。 関心をもつ入り口としてはいいんですが、現実は大変さもいろいろです。 ※介護もそうですが、ドラマなどになるとキレ

Comments


bottom of page