top of page

一人暮らしの高齢者を犯罪からどう守るか?

※実際のケースを基に書いています。個人情報を守る為、加工しています。


一人暮らしの高齢者が増えています。

その方を狙って、詐欺などが増えています。


残念ながら、私が関わった時は、すでに何度か詐欺に遭っていました。

 ※一度、詐欺に遭うと、何度も狙われやすいと言われています。

  それは詐欺を行う人たちの間で、そのような方のリストが回っているとのこと。


この方は、一軒家に住んでいる高齢者。

夫が急に亡くなり、さみしさを抱えているところに詐欺に狙われてしまったようです。

 ※近隣には、多少知り合いはいても、そこまで毎日の付き合いがあるような方はいませんでした。

 ※お子さんはおらず、親類も近くにはいませんでした。


とても人のいい方で、他人を悪く言わない。

認知症も少しあるようで、他人をも受け入れてしまっていました。

(知り合いかどうかの判断がつかない感じでした)


詐欺に遭っても、詐欺に遭ったとは思っていない。

とってもいい人だったのよ、、、、、、と 涙

(その当時は、現金を持っており、それを渡してしまっていました。

 領収証などもなく、詐欺に遭ったことを証明するものはありませんでした。)


このような犯罪者に狙われている方をどう守るか。

本人に自覚がない方をどう守るか。


【考えられる対策】

・現金は、必要なぶんだけに。(高齢者はタンス預金を大切にしている方がいます)

ドアは開けない。ドアに貼り紙などをする。

 (認知症の方は、その時説明しても忘れてしまいます。その方の行動する場所に貼り紙を。)

・監視カメラをつける。予防対策をしていることを示す為。

不定期で訪問する。

 (定期的な訪問だとその日を避けて狙われます。ヘルパーは何曜日の何時など決まっているので)

成年後見人をつける。※認知症で判断力が低下しているのであれば、金銭管理を専門家に任せる。

           ※高額のものを買ったときに、返品することができます。 

最新記事

すべて表示

聴覚障がいのある方への支援

聴覚障がいのある方、思っているより多いんだなぁと、最近実感しています。 聴覚障がいのある方、一見わからない。 声をかけても気づかないので、無視されているようにも感じる。 どう関わっていいのか、わからない。 最近、聴覚障がいのある方がドラマなどにもなり、手話が注目されるようになりましたが。 関心をもつ入り口としてはいいんですが、現実は大変さもいろいろです。 ※介護もそうですが、ドラマなどになるとキレ

Commentaires


bottom of page