top of page

在宅ダブルケア、、、、、、


お義父さんが来てから一週間が経ち、奥さんの誕生日には、お義母さんを一泊、我が家へ。


お義父さんは、要介護2で末期がんです。在宅酸素を使用して、大体のことは自分できるようになってきました。

見守りは必要ですが。


お義母さんは、要介護4で元気な認知症から、コロナになり、今はほぼ全介助です。

自分で立ち上がろうとして、転倒をしそうになります。

グループホームに入所をしており、外泊に来ています。


夜は、リビングに即席で寝る場所をつくって、親子三人で寝ていました。


お義母さんは、グループホームに帰ります。


お義父さんはこれからどうなるかはわからないです。

一人暮らしに戻るつもりもあったようですが、日によって波があり、苦しい日も。

さすがに一人暮らしは諦めたようです。


お義父さん自身は、私たち家族に迷惑を掛けるのは気が引けるようです。

私たち家族は、今は何をするという訳ではないので、どこまで見守り支えていけるのか。

夏やすみが終わり、子どもが学校などが始まるとどこまでみていけるのか。


ホスピタルのような施設に入るのも違う気がするし、家にいてもらいあとは変化があった時に、その都度考えるしかないかなぁと思っています。

想定できることは、限られているので、、、、、どう判断するのかも何となくは。いろいろとみてきましたからね。



最新記事

すべて表示

これが大切♡

今、地域支援をしていると、高齢者世帯、一人暮らし高齢者が多数。 これからも、増えるのは分かっている。 高齢者だけだと、引越しもなかなかできない(貸してくれない)。 旅立たれたあと、どうするのか? 誰がするのか? そこが課題。 後見人制度はあるが、費用が掛かるので進まない💦

公的介護保険

皆さん、介護保険料をいくら払っているか、わかりますか? 給料から、年金からは自動的に引かれています。 介護保険料、4000円~9000円台とどんどん増えています。 ※自治体によって違います。 残念ながら、財政はどんどん逼迫しています。 物価が高騰し(今までがデフレが続いた反動にも見えますが)、人件費も上がっている状況。 介護保険の財政は上げることができず。 当然、介護サービスを減らすか、制限するし

セミナーをやりますよ~

公的介護保険だけでは、介護を支えられることができないのは明らかです。 それは、介護保険財政が厳しく、人手不足を解消できるような対策が打てないから。 人手不足により、介護サービスが不足します。 「これからの介護業界~介護保険では介護を支えきれない~」と題して! 日時:5月24日(金)19時~20時半 ※21時より懇親会あり(希望者) 場所:北とぴあ9階 901会議室 東京都北区王子1-11-1 参加

Commentaires


bottom of page