top of page

病院紹介「都立駒込病院」 意思決定支援外来

都立駒込病院は、癌治療に力を入れている病院です。

 ※荒川区からだと都バスで行きやすかったりします。

(今、親族が癌の治療で通院しており、付き添っています。)


都立駒込病院の前には、他の都立病院で治療を受けていましたが、ステージ4で治療は難しいと。

ホスピタルへの入所も検討していました。


セカンドオピニオンとして駒込病院に行ったら違う治療方法などの選択肢を示してくださり、転院して治療を始めて状態は落ち着いています。

それから半年以上、一人で暮らしています。

 ※セカンドオピニオン、なかなか言い出しにくいですが、大事ですよ。

  今回のように上手くいくとは限りませんが、本人が状態を受容できるようにする意味でも。


それもとってもありがたいことですが、、、、、、、

この病院がすごいなと思っていることが、医師、看護師、受付、事務員など、皆さんが丁寧で親切なんです。


三つの科で診察を受けましたが、どの先生も丁寧に説明をしてくれて、こちらの話しも聴いてくれる。

無理に治療を勧めず、こちらの気持ちを聴きながら、副作用があるので、そこまでは望まなければ無理にはしない。


大きな病院なので、あっちこっちに行かなくてはならないのは仕方ないのですが、迷っていると職員さんから声を掛けてくれる。その上、「分かりにくくて、すみませんね」などと言葉を添えてくれる。


ここまで徹底されているのが、管理者をしていた立場からすると、すごいなぁ~と。

※待遇が良いからかと思いましたが、以前の病院も都立病院でした。だいぶ違いました。

 医師個人のことではなく、病院としての違いが。

この病院全体としての風土が根付いている感じが。

できるだけ迷わないように工夫をされていたり、意見を取り入れる工夫などもあり。


それだけ患者と向き合っているのに、さらに「意思決定支援外来」という新たな診療をつくって相談に乗っている。


確かに、今は結婚されない方、子どもを持たない方も増えており、自分一人で抱え込まざるを得ない方が増えてきている、また増えてくるのかと思います。

それを相談できる専門科があるとありがたいだろうなぁと思いました。

この病院に来れてよかったです。

いくら治療をしても、いつかは最期のときは来ます。


その時に悔いが残らないような状況になればいいなぁと思っています。



最新記事

すべて表示

聴覚障がいのある方への支援

聴覚障がいのある方、思っているより多いんだなぁと、最近実感しています。 聴覚障がいのある方、一見わからない。 声をかけても気づかないので、無視されているようにも感じる。 どう関わっていいのか、わからない。 最近、聴覚障がいのある方がドラマなどにもなり、手話が注目されるようになりましたが。 関心をもつ入り口としてはいいんですが、現実は大変さもいろいろです。 ※介護もそうですが、ドラマなどになるとキレ

Comentarios


bottom of page