top of page

民間の介護保険(ソニー生命)の場合

 ※今回、ソニー生命さんから話しを聴きましたが、特にどこの生命保険を勧めるという事ではありません。

最近は、介護保険制度改正の動向や人口統計・世界の中の日本の経済状況・地域の状況などから、介護が必要になった時に、有料老人ホームの入所も考えていくことになるのかと思っています。

 ※在宅介護の場合も、介護保険改正で提言があった要介護1・2が介護保険から外されたら、自費でのサービス利用も想定が必要になる可能性もあります。


その為、費用面のことをもっと考えていく必要があると考えており、

          今回、ご縁がありソニー生命の方と話しをさせてもらいました。


民間の保険会社の介護保険はいろいろと。


支払われる基準、支払われ方がまずは大切かと。


ソニー生命さんの「終身介護保障保険」では、

支払われる基準は、公的介護保険制度で要介護2以上であれば支給されます

そして、要介護2以上である限り、ずっと支給がされます。

 ※改善して、要介護1以下になったら支給が止まります。

  ただ再度、要介護2以上になれば、支給がされます。

 ※男性と女性では金額が異なります。

  女性の方が平均寿命が長いので、その分負担する金額が高くなります。

  例)50歳加入で、要介護2以上になった際、月5万円支給で提案をしてもらいました。

     男性の場合:月6,960円  女性の場合:月9,660円

    を払っていくと、要介護2以上となった時に、

  一時金60万円と要介護2である期間 月5万円(年間60万円)が支給されます。


要介護状態になった時、一時金のみで支給される保険が多いそうです。

どんな想定をして、民間の介護保険に入るか?

在宅で介護をしていくのであれば、一時金で良いかも知れません。

有料老人ホームを想定している場合は、終身保障が良いかと思います。

最新記事

すべて表示

聴覚障がいのある方への支援

聴覚障がいのある方、思っているより多いんだなぁと、最近実感しています。 聴覚障がいのある方、一見わからない。 声をかけても気づかないので、無視されているようにも感じる。 どう関わっていいのか、わからない。 最近、聴覚障がいのある方がドラマなどにもなり、手話が注目されるようになりましたが。 関心をもつ入り口としてはいいんですが、現実は大変さもいろいろです。 ※介護もそうですが、ドラマなどになるとキレ

Comments


bottom of page